不動産 建物土地明渡 売買契約 賃貸契約は岡崎市・豊田市の弁護士 牧野・櫻井法律事務所にご相談ください。

不動産

 借家・借地の明渡、不動産の賃貸借契約や売買契約をめぐるトラブル、境界の紛争など様々な案件の取扱実績があります。

 例えば、借家で家賃の滞納がある場合、3ヶ月分の滞納があれば、明渡のためにアクションを起こすべく、弁護士に相談することをお勧めします。まず、内容証明郵便で期限までに滞納家賃を一括で支払わない場合は契約を解除するとの通知を出し、それでも支払がない場合には、裁判をし、裁判後にも明渡がない場合には、強制執行をすることになります。

(例)建物明渡の着手金・報酬金は、建物の規模・価値や訴訟・明渡しまでの期間等を考慮して決めます。

着手金  20万円+消費税~
報酬金  20万円+消費税~


信頼と安心で問題解決します!

弁護士へのご相談はお気軽にまずはお電話ください。0564-57-8522

▲ ページトップ